‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

マイナンバーが必要な雇用保険の手続き

2018年4月30日 月曜日

 

平成28年1月からマイナンバー制度がスタートし、雇用保険や社会保険の届出様式にも、順次マイナンバーの記載欄が設けられました。

従来はマイナンバーの記載が無くても手続きは受理されていましたが、厚生労働省によると、平成30年5月以降は雇用保険の手続きにマイナンバーの記載が無い場合、返戻されるとのことです。

なお、社会保険については、現段階では今まで通りマイナンバーと基礎年金番号のどちらを記載しても手続きは受理されます。

マイナンバーの記載が必要な届出等は下記の1~5です。

  1. 雇用保険被保険者資格取得届
  2. 雇用保険被保険者資格喪失届
  3. 高年齢雇用継続給付支給申請(初回)
  4. 育児休業給付支給申請(初回)
  5. 介護休業給付支給申請

    マイナンバーを記載して上記1~5のいずれかの手続きを行った従業員さんについては、それ以降の手続きの際には、備考欄に「マイナンバー届出済」と記載すれば、マイナンバーの記載を省略することができます。

    申請書類にマイナンバーの記載欄が無いため、別途「個人番号登録・変更届」の添付が必要な届出等は、下記6~9になります。

    「個人番号登録・変更届」の様式等につきましては、こちらをご参照ください。

    ただし、マイナンバーを記載した手続きをしたことがある従業員さんの場合には、添付は不要です。

  6. 雇用保険被保険者転勤届
  7. 雇用継続交流採用終了届
  8. 高年齢雇用継続給付支給申請(2回目以降)
  9. 育児休業給付支給申請(2回目以降)

    仮に、従業員さんにマイナンバーの提供を拒否された場合には、その旨をハローワークに申し出れば、手続き等も受理されますので、ご安心ください。
    何かご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

    職   員

     

 

◇ 求人情報 ◇

2018年3月23日 金曜日

 

 

弊所ではサービスの向上をめざし、新規職員を募集しております。

ご関心のおありの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。 ⇒ 075-712-2489

 

【雇用形態】

正社員
契約社員
パートタイマー

 

【応募資格】

■社会保険労務士有資格者優遇
■1年以上の実務経験者優遇
■給与計算が得意な方優遇
■ワード、エクセル等の堪能な方優遇

明るく、素直で、正直な人。
前向きで人を勇気づけられる人。
人の良い面を引き出せる人、大歓迎です。

女性のみで、明るく、ほのぼのとした職場です。

指導上手なスタッフが揃っていますので、素直さと向上心、責任感さえあれば、成長していけます。

地下鉄:松ヶ崎駅から徒歩10分。北山通りに面しています。

 

 

 

通勤途中の保育園への送迎中の交通事故は、通勤災害にあたる?

2018年3月12日 月曜日

 

三寒四温。春がじりじりと近づいてきているのを感じます。

少し早いですが、桃の節句にちなんで桃のお花をいただきました。

菜の花の黄色と桃の花のピンクが対照的で、可愛いです!

 

さて、本日は通勤災害のお話です。

共働き世帯が右肩上がりに増えている時代背景もあり、子供の保育園への送迎は父親の役割であったり、母親の役割であったりと、ご家庭の事情により様々です。

通勤途中に保育園への送迎を行う従業員さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

たとえ通勤途中であったとしてもそれが保育園への送迎も兼ねていたような場合、通勤災害は認められるでしょうか?

この場合、住居と就業の場所との間の往復に該当し、業務の性質は有しないため、合理的な経路及び方法に該当するかが問題点となります。

結論としては、以下の2つの条件をいずれも満たしていれば、合理的な経路及び方法と判断されるため、通勤災害と認められる可能性が高いと考えられます。

 

 1.被災者が子供を監護する者がいない共稼労働者に該当すること。(=合理的な経路)

被災者の配偶者が専業主婦(主夫)の場合には、合理的な経路と認められる可能性が低いのでご注意ください。一般的には、共働き世帯が保育園を利用していますので、幼稚園等の送迎の場合には特に注意が必要です。

2.被災者の交通手段が、鉄道、バス、自動車、自転車等一般的に用いられる交通手段であること。(=合理的な方法)

免許を一度も取得したことがないような者が自動車を運転する場合や、泥酔で自動車、自転車等を運転する場合等は、合理的な方法と認められないのでご注意ください。

 

通勤災害により病院の診療等を受ける際には、被災者がその旨を病院側にお伝え頂き、健康保険証をご利用にならないようにお気を付けください。

 

職 員

病気やケガによる休業は傷病手当金の対象になるかも?

2018年2月22日 木曜日

 

旧暦の新年も迎え、1日1日春らしくなってきましたね!

寒さにうなだれていたクリスマスローズも元気に花開き始めました。

 

さて、今日は健康保険の「傷病手当金」についてご案内します。

病気やケガで会社を休む時、基本的にはノーワーク・ノーペイの原則により、お給料は支払われません。

そんなとき、健康保険から給付が得られる制度をご存知でしょうか?

 

次の1~4の条件を全て満たす場合には、傷病手当金が支給されるので、長期間療養が必要となる場合等には、申請することを考えてみるのも良いかもしれません。

  1. 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること。
    自費で診療を受けた場合や、自宅療養の期間についても支給対象となります。
  2. 仕事に就くことができないこと。
    医師による証明が必要で、「労務不能」と証明された場合に支給対象となります。
  3. 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと。
    ここでいう連続する3日間には、会社の所定休日や有休休暇を取得した日も含まれます。
    4日目以降の期間が支給対象となります。
  4. 休業した期間について給与の支払いがないこと。
    ただし、給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合にはその差額が支給されます。★傷病手当金の日額は、次の式により計算されます。【支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日×2/3】

    ★現在、協会けんぽに加入しており、支給開始日以前の12ヶ月以内に転職している場合は、前職でも協会けんぽに加入していれば、前職の標準報酬月額も計算に含まれます。

     

    傷病手当金の支給される期間は、支給開始した日から最長1年6カ月あるため、経済的にも安心して療養生活を過ごせるのではないでしょうか?

    制度の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

    ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

    職 員

もうすぐ立春ですね♪

2018年1月21日 日曜日

外は寒波がやってきているというのに、何を勘違いしたのか、

事務所のサボテン君が一輪の花を咲かせてくれました。

あまりにとぼけていて、あまりに可愛いので、

事務所のみんなで歓声をあげて喜んでおります。

ついつい、毎日のぞき込んでしまいます。

まだまだ寒いこの頃ですが、確かに、少しずつ陽が長くなってきました。

立春が近づいているのを感じます。

春はもうすぐそこですね♪

代表 社会保険労務士 山下 真己実

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。【敬和清寂】

2018年1月9日 火曜日

あけましておめでとうございます。

清々しい新年、応接室に新しい額を飾りました。

 

「敬和清寂(けいわせいじゃく)」

 

茶道速水流流祖、速水宗達の言葉です。

私の好きな言葉でして、速水流若宗匠が直筆で書いてくださいました。

茶道では「和敬静寂」という言葉が知られていますが、

流祖はあえて、

「和」の前に「敬」が必要であると説かれました。

 

「和」が先にあるのではなく、「相手を敬う」気持ちが先にあって、

初めて、真の「和」が生まれる。

 

考えてみますと、今まで家族をはじめ、お客様や周囲の方々から教わってきた事、そのものであることに気づかされます。

感謝の気持ちで、ほんわかと胸があたたかくなります。

まだまだ未熟な私ですが、今年はあらためて「敬和清寂」を心に刻みながら、

日々の出会いや対話を大切にしていけたらと思います。

本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

代表  社会保険労務士 山下 真己実

 

 

 

 

 

 

 

育児休業給付金、2歳まで受給可能に

2017年11月6日 月曜日

 

今年も、いそ菊の季節になりました。

寒くなりかけたこの時期に、可憐に咲いてくれます。

花言葉は、◆感謝◆ です。

 

さて、11月に入り、京都市も来年度4月の保育園入園希望者の一斉受付が始まりました。

待機児童問題もあり、入園決定通知が届くまでは、不安な日々を過ごす方も多いかもしれません。

 

そんな中、平成29年10月1日より、育児休業給付金の支給期間が、子が2歳に達する日前まで対象となりました。

今までは子が1歳6か月に達する日前までとなっていましたので、約半年間延長されることとなります。

 

今回の改正の対象となるのは、子の誕生日が平成28年3月1日以降の場合です。

 

延長できる理由は、今まで通り次のどちらかに該当する方です。

  1. 育児休業の申出に係る子について、保育所等における保育の利用を希望し、申し込みを行っているが、その子が1歳6か月に達する日後の期間について、当面その実施が行われない場合。

 

  1. 常態として育児休業の申出に係る子の養育を行っている配偶者であって、その子が1歳6か月に達する日後の期間についてその子の養育を行う予定であった方が、死亡、負傷、疾病等に該当した場合。

 

育児休業を1歳6か月に達する日前まで期間延長手続きをしていた方も、2歳に達する日前まで延長する場合には、再度、保育園の入所希望手続きを行い、保育園の不認可通知等の書類が必要となりますので、ご注意ください。

このような制度を利用して、育児休暇中の経済的不安が少しでも解消され、子育てを前向きにできる世の中になってほしいものです。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

 

職 員

最低賃金改定の季節です

2017年9月25日 月曜日

 

 

日に日に涼しくなり、あっという間に秋を感じられるようになりました。

秋の花々は本当に可愛いですね。

弊所の応接室の本日のお花は、秋海棠(シュウカイドウ)です。

 

さて、秋といえば、最低賃金改定の季節ですね。

今年の地域別最低賃金の引き上げ額の全国加重平均は25円で、過去最高額となりました。

京都は10月から改定されますが(大阪府は9月30日から)、貴社ではチェック等はお済みでしょうか?

 

京都府の新しい最低賃金は856円です。

これを下回る時間給の場合には金額の引き上げが必要となります。

日給や月給の方についても、時間給に換算した上で確認する必要があります。

確認手順は次の通りですので、ぜひチェックしてみてください。

 

まず、実際に支払われる賃金から以下の賃金を除きます。

  1. 臨時に支払われる賃金(結婚手当など)
  2. 1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)
  3. 所定外労働に対する賃金(時間外割増賃金、休日割増賃金、深夜割増賃金など)
  4. 精皆勤手当、通勤手当、家族手当など。

 

次に、支払われる賃金が最低賃金額以上となっているかどうかを、以下の方法で比較します。

  1. 時間給≧最低賃金額
  2. 日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額
  3. 月給÷1ヶ月平均所定労働時間≧最低賃金額
  4. 出来高払制による賃金÷総労働時間≧最低賃金額

 

時間給、日給、月給の従業員さんがそれぞれいる場合には、エクセル等で給与区分別に並び替えて、その後に給与額の少ない順に並び替えると、漏れなくチェックできるかもしれませんね。

今年も引き上げ額が大きいので、最低賃金額をクリアできるように早めに対策を練ることをおすすめ致します。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

 

職 員

 

残暑お見舞い申し上げます

2017年8月7日 月曜日

暦の上では「残暑」でも、気持ちは「酷暑」と言いたいこの頃ですが、

皆様、お元気にお過ごしでしょうか?

なんとか体力をつけて、元気モリモリ(?)、お盆を迎えたいと思います。

 

さて、先日、弊所では、『社労士祭』の打ち上げランチを楽しみました。

おとなりなので、よく利用させていただいております北山紅茶館さんにて。

デートコースにはぴったりですので、皆様ぜひご利用ください♪

ニコちゃんラスクをおまけにサービスしていただきました^^

 

 

「難を転じて、福となす」

応接室の南天の花です。

「機知に富む」という花言葉もあるようです。

なんだか可愛いくて、涼しげですね♪

代表 社会保険労務士 山下 真己実

イクメン普及推進計画???

2017年7月10日 月曜日

 

 

7月に入り、いよいよ梅雨らしいお天気になってきました。

京都は祇園祭が始まりました。

四条通りに近づくにつれ、なんとなく気持ちが高ぶっていきます。

さて、もう直前になってしまいましたが、

今月14日(金)、アマノ株式会社様主催の「働き方改革」FAIRにて、「労務相談」を担当させていただきます。

会場は大阪の「ハービスホール」です。

まだ少しお席があるようですので、予約はお早めにどうぞ!

 

働き方改革といえば、さいきんは、霞ヶ関も必死です。

偶然こんな動画を見つけてしまいまして、

思わず、お姉さん的立場から「がんばれー!」と熱くなってしまいました。

イクメン普及推進計画

「超イクメン部」とは、正式名称「厚生労働省男性職員の育児参加促進について考える若手有志の会」だそうです。

厚生労働省には、他にもジョカツ部という若い世代が集まったプロジェクトがあり、大臣に様々な政策提言を行っているそうです。

 

中小企業でも、残業が月60時間を超えると残業代の割増率が150%となる等大きな地殻変動となる労基法の改正が目の前に迫っている今、
まずは厚生労働省からお手本を見せてもらいたいものですよね。

若手も、中堅も、ベテランも、力を合わせて働き方改革を実現していきましょう!

代表 社会保険労務士   山下 真己実