しあわせを呼ぶ十ヶ条

むかしむかし、なまけものの息子が、病に倒れた母のために、村長さんに「お金を貸して下さい。」と毎日毎日頼みました。

村長さんは、「お母さんを助けたいなら、今まで思っていたこと、行動と、逆のことを思い、行動し、この十ヶ条を、この木に向かって読み上げ、この葉をそっとさわると必ず良いことが起こる。」と言って、お家にある鉢植えの木を授けました。

その息子は、毎日村長さんの言われるとおりにしたところ、木の葉が黄金色に変わり、一枚一枚と取れる度に、お金と友達が増えていき、お母さんと永く幸せに暮らすことができました。

その「しあわせを呼ぶ十ヶ条」の内容ですが…

①早寝、早起きをいたします。

②元気に挨拶をします。

③いつも、ニコニコ。笑顔を忘れません。

④健康に、心がけます。

⑤いつも感謝の気持ちを、大切にします。

⑥いつでも、夢を、持ち続けます。

⑦いつも、前向きで、プラス発想をいたします。

⑧お金と、時間を、大切にします。

⑨人の喜びを、自分の喜びとします。

⑩自然を愛し、人を愛し続ける。

さて、今の自分はどれだけ実践できているでしょうか。

この「金の成る木」とともに、もっと育っていきたいと思います。

職員

003

 

 

トップに戻る