新年あけましておめでとうございます。【敬和清寂】

あけましておめでとうございます。

清々しい新年、応接室に新しい額を飾りました。

 

「敬和清寂(けいわせいじゃく)」

 

茶道速水流流祖、速水宗達の言葉です。

私の好きな言葉でして、速水流若宗匠が直筆で書いてくださいました。

茶道では「和敬静寂」という言葉が知られていますが、

流祖はあえて、

「和」の前に「敬」が必要であると説かれました。

 

「和」が先にあるのではなく、「相手を敬う」気持ちが先にあって、

初めて、真の「和」が生まれる。

 

考えてみますと、今まで家族をはじめ、お客様や周囲の方々から教わってきた事、そのものであることに気づかされます。

感謝の気持ちで、ほんわかと胸があたたかくなります。

まだまだ未熟な私ですが、今年はあらためて「敬和清寂」を心に刻みながら、

日々の出会いや対話を大切にしていけたらと思います。

本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

代表  社会保険労務士 山下 真己実

 

 

 

 

 

 

 

トップに戻る